HONEST

齢31歳。音声コンテンツ好きの僕が、日々の学びや気づきを、文章とイラストで自由に記録していきます。

3月3日 何もしないことの難しさ

日曜日、

 

 

空に浮かぶ雲を見て、「お、この雲まるで猫みたい、いやクジラかもしれない」と、こんな風に空を見上げて過ごした時間は、もう何年前のことになるだろうか。

パッと思い出すのは、大学1年生の時。英語教育に力を入れていた学校だったこともあり、1年生の時は1クラス5人ずつが上からレベル順にクラス分けされていた。そのメンバーとは、ほぼ毎日英語でディスカッションをしていたこともあり、どんどん仲良くなったことを覚えている。

ある日の昼休み。キャンパスにある芝生に寝そべりながら、雲がきれいだね~とそんな風に会話をしていた。まだ19歳だ。

 

横に寝そべりながら上空を見上げて、ぼけーっとする時間。話している内容も、本当にどうでもいいことだ。超絶的に何もしていない、非生産的な時間の過ごし方である。こいう過ごし方、いつの間にかできなくなっていたな、と、朝日新聞ポッドキャストを聞いて思い出した。

 

オランダには、『ニクセン』という言葉があり、何もしないという意味で、ボーっとすることを表す動詞だという。

何もしない、というと日本でも瞑想みたいな感じかなと思うかもしれないが、それとも違う。瞑想は、「今ここ」に集中するが、ニクセンは集中さえしないのである。肝心なことは、とにかくリラックスすること。

 

物心ついた時から、僕は「何もしないでいる」ということが苦手だったように思う。それは、学生時代の頃から基本的に忙しく、何もしない時間=空いた時間=できてないことをする時間、だった。社会人になって一人暮らしをするようになってから、それに拍車がかかったように思う。

 

すごく簡単な例だと、洗濯機を回している間の時間。この時間は、洗濯が終わるまで、もしかしたらボーっと出来る時間なのかもしれない。ただ、僕の場合は洗濯機のスイッチを押してから、終わるまでが逆に勝負。その間で、いかにほかの家事をできるか、在宅勤務の時は、いかに資料が作れるかが重要になってくる、そんな時間だ。

 

そうやって過ごしてきた結果、今僕が一番苦手なことが、「何もしないこと」になってしまっている。何もしなくていいよ、とか言われても、たぶんだったら筋トレしようとか思ってしまうはずだ。

今の会社に移ってからは、これがエスカレートしていて、むしろ同時に2つのことが出来ないかと考えている始末。ご飯だけを食べる時間なんて、これまで設けたことがない。

 

根が貧乏性なのかもしれない。

ただ、こうやって生産性ばかりを大事にしていると、アイデアって全然思い浮かばなかったりする。

視野狭窄、っていう言葉がしっくりくるかな。大きくゆったりと構えて無駄に時間を過ごすことによって、全然思いつかなかったアイデアが湧いてきたりする。もちろん、企画アイデアというのは、考えて考えて、そして考えて、とにかく考えるということに意味があったりもする。でも、煮詰まるのだ、同時に。

 

何も考えていない、わけではないけれど、お風呂に入っている時などに「あ!」と閃いたりするのは、たぶんこういうことが影響しているんだと思う。

 

ああ、なんか、今の自分は空回りしている気もするなー。

 

だって、無駄な時間を過ごすこと、それ自体が大事だって書いているのに、無駄な時間を過ごすことにさえ、目的を見出そうとしてしまっている。

 

何もしないでボーっとすること、なーんにも考えないで、別に今こことかに意識もしないで、徹底的にリラックスすること、これ実は究極的に難しいことなのかもしれない。

 

物理的にも時間的にも今いる環境から徹底的に離れてみる、っていうのも一つの手かもしれない。

 

是非、皆さんもこの放送と記事を読んでみてください。ここで語っている3人のうち、1人は僕と同い年、二人は1つ上かな。同年代が、何もしないことについて語っているってすごい興味深い。

omny.fm

 

www.asahi.com

 

 

 

3月2日 平和主義者の弊害

土曜日、

 

 

「お前さ、拡大解釈しすぎ。全然まともなこと言ってないから、あいつら」

「疑う姿勢で入らないと、こういうのは後でもっと面倒くさくなるよ」

 

もうすぐ始まるキャンペーン。昨今の生活者の行動を鑑みて、今回からはテレビCMだけではなくて、SNSやオフラインでのプロモーションも行う予定だ。

ブランドそのものをどういう風に生活者に伝えていくか、というようなブランディングをメインのキャリアとしてきた僕にとって、テレビCM以外のデジタル媒体での取り組みは、非常に難しい領域である。

だからこそ、同じ部署でこういった領域を見ているメンバーが、コンサル的な役割として一緒に見てくれている。デジタル媒体社からの提案にも同席をしてくれていて、その直後に言われた一言である。

 

要は、もっと細かく、そして同時に俯瞰して、提案プランそのものがロジックで繋がっているかどうか、更には、一つ一つで目指していく目標に根拠があるのか、疑いの目で話を聞かないと、相手の意図のまま動かされるようになってしまう。そのことへの警鐘である。

一緒に見てくれているそのメンバーは、もともと大手広告代理店のデジタル部門出身だから、代理店提案の穴も良く分かっている。そして、どういう風に提案すれば、相手を納得できるかも分かっているから、その逆を突いて細かく見てるのだ。

彼は、提案の後の質疑応答で、必ず一波乱巻き起こす。そして必ず次回までの宿題を出す。そうやって、提案自体をもっとブラッシュアップして、結果として良いものになるように仕向けてくれているのだ。

 

僕には、それができない。

僕は、波風を立てるということが一番苦手なのだ。もっと言うと、気まずい雰囲気とか険悪ムードが耐えられない。もっと言うと、相手に嫌悪感を抱かせる、そして僕自身に嫌悪感を抱かれることが耐えられない。

もちろんこれはビジネスの場。だから好きとか嫌いとか、そういう話ではない。ただ、僕はどうしても、これで雰囲気が悪くなったらどうしよう、面倒くさいって思われたらどうしよう、という思考回路に入ってしまう。

結果として、ポジティブな方への拡大解釈が始まるのだ。

 

「この部分がちょっとロジック繋がってなかったと思うんですが、これってつまり〇〇××ということで、だから△△っていう意味でこの施策を提案してるんですよね?」

 

こんな風に返してしまう。相手はもう満面の笑みだ。その場が和やかになる。ほっと一息。うん、僕が理由で、僕がきっかけで、「ああこの会社めんどくさい」って思われたくない。

究極的には、嫌われるのが怖いのだ。

 

以前から書いてる通り、僕はマイノリティの道をずっと歩き続けてきた。

幼稚園の時から他の子よりも体が大きくて、みんなと同じ園服が着られなかった。

小学生になるともっと肥満になり、みんなと同じ体操着が着られなかった。

途中から苗字が変わった。

気づいた時には、男女問わず恋愛感情がなかった。だから、下ネタも、〇〇君かっこいよね、みたいな話も全く興味がなかった。

 

誰かと心の底から共感する、ということが一度もなかった。

 

でも、僕以外の人が同じようにちょっと変わっているとかでイジメられているのを見て、僕は絶対この対象になってはならない。と強く心に誓った。

 

そこからだ。

あ、この人、この場、この空間では、こういう発言をしておくと雰囲気良くなるわ、というセンサーが発達した。

その結果、自分の周りで問題が起きることはほとんどなかった。もちろん、これまでにいじめられたことも一度もない。

そして、僕も周りに対して、怒りの感情を覚えたことがほとんどない。実の父に対してくらいだと思う。こうして、平和主義者になった。

 

でも、素の自分になる時間が必要で、だから、絶対に一人になる時間が必要だった。

そして今こうして大人になって、平和主義者としての弊害が出ている。

 

実は前職の時も同じようなことがあって、顧客との折衝の場面で、こちらが媚び諂って丸く収めたことがある。その時の直属の課長は、僕に対してみんながいる前でどなった。

「あほか、お前は!」と。

 

いい作品を作りたい、いい結果を出したい。こういう欲求はあるし、特にクリエイティブの領域についてはこのこだわりが強い。ただ、一人じゃなくて誰か、とくに他社が入ってくると、途端に自分の意思が表に出せなくなる。

 

この殻を破らないことには、本当の意味で壮大な何かを達成することはできないんだろうな、と思ってしまう。

 

季節も変わる。僕も少し変わらなくては。

 

3月1日 PM4時半

金曜日、

 

 

午後四時半。やっと、やっと、やっと、お昼ごはんだ。

この1カ月が勝負。大丈夫、まだ頑張れる!

 

2月29日 こういう日もある

木曜日、

 

 

仕事が詰んでいる。そんな僕を表現。以上。

 

2月28日 ふんばる

水曜日、

 



 

親父ギャグというけれど、実際つまらないダジャレや下ネタは、親父以外でも誰だって思い浮かぶ。

子供だって、大人だって、おじいちゃんだって、おばあちゃんだって。

 

じゃあなぜ親父ギャグと呼ばれるのか。それは、老化すると思っていることが、口からぽろぽろ出てしまうからである。

つまり、口の蛇口が弱まるのだ。

子供が言うなら、まだ可愛げがあるで済まされるのだが、おっさん・おばさんが言うと、たまに犯罪になったりする。

 

蛇口をしめておく力、もうちょっと言い方を変えると踏ん張る力は、確かに老化とともに減少していく気がする。

 

親父ギャグの他に、会話でも同じことが言える。

人が話している最中に、話始める人が多くなる気がする。

ある人が言っていた。待てないのだ、と。相手の会話をカットインする気は毛頭なく、単純に待てないのだと。

そうかそうか、老化と共にそこらへんが弱まるのか、と納得してOKという話ではない。

 

これ信頼を失う。

 

今日voicyを聞いていて、自分は大丈夫か・・・?とちょっと思ってしまった。

 

voicy.jp

2月27日 最初の一歩が出ない

火曜日、

 

 

一応、本当に一応だけど、モノづくり系の仕事に携わっている。

でっかい括りでいうと広告、というのだろう。2D、3D、はたまた音、ありとあらゆるメディアをいかに駆使できるかが重要だ。

自分ひとりで進められることなんか、たぶん1%もなくて、だいたいチームで制作をしている。

 

単独で取り組むときは、10歩進んで9歩戻る、みたいなスピード感で取り組んでいるのだけれど、チームでやる時は、むしろ最初の1歩が出ない。その1歩が出てしまうと、あとは坂道を転がる大きな太いタイヤのように、ぐるんぐるん回っていく。

 

これが生みの苦しみというものなのか?

 

チームでやると、出来上がる成果物の規模が大きくなる。例えば、1日だけ山手線をジャックしたり、渋谷のスクランブル交差点のビルボードを使ったり、映像に留まらず立体的に広告を作っていける。

とはいっても、僕は広告代理店に対してディレクションをする立場なのだけれど。

だから、彼らが居てくれないと自分が作りたいものは作れない。

 

こういう時、本当に最初の1歩を踏み出すまでが大変だ。

悩む悩む悩む、たぶん三桁くらいは考えている。

確認確認確認、たぶん二桁以上の部署に確認している。

論議論議論、たぶん何百時間は話している。

それでも1歩が出なかったりする。

 

いま、まさに片足が上がったくらい。あともうちょいだ。

 

まだまだ今夜は長い。

 

2月26日 あいこでしょ

月曜日、

 

 

 

じゃんけんをする時。

何かの勝ち負けを決める時。

何かの優先順位を付ける時。

何かのグループに分ける時。

じゃんけんをする時は、かならず目的がある。そして、勝った方は多くの場合で優勢に、負けた方は多くの場合で劣勢になる。

決着をつける時、物事を決める時にじゃんけんをする。でも、ずっとあいこのじゃんけんがあってもいいんじゃないかな。

 

ずっとあいこでいることが、むしろ心地よいようなじゃんけん。僕はそういうじゃんけんが出来る関係性のチームがいいなって思っている。

 

僕のチーム、立場上、役割としてマネジメントを僕がやっているけれど、年齢は一人を除いて実は全員同じ。社会人になった年も、全員同じ。

だからこのメンバーで話をする時、まるで目的がなくじゃんけんをする時のような、そんな感覚でじゃんけん自体を楽しんでいる。

さっきもそう。

今日配信した広告、ちゃんと届いていたよ!

あ、それ私もスクショ取った。

実は僕も取ったよ、ほら。

なんだよ、みんなやってること同じじゃん。

 

全く持って生産的ではないし、無目的な会話。でも、こういう会話が何気なくできる、そして突然始まって、突然終わる、それでも何も違和感がない関係。こういう関係がいいなって思う。

 

どうしても、仕事をする以上、決めなければいけないこと、優先順位をつけなければいけないこと、勝ち負け白黒つけること、評価すること、たくさんはっきりと判断しなければいけない場面がある。だから、無目的な行動はそこに存在しない。

 

でも、だからこそ、あいこでしょ!って言える関係が愛おしい。そしてそもそも、じゃんけんをする相手がいることだって、本当はそもそも愛おしい。